top_image.jpg

22年度上期 助成事業を募集します

<22年1月18日発表> 平成22年度上期の資金助成事業を募集します。

ア 趣 旨

  青少年育成活動を展開する青少年団体・グループ等の運営基盤の安定化と活動の充実・活性化をめざして、同団体・グループ等が実施する自然体験・スポーツ活動・青少年リーダー養成などの青少年育成事業に対して助成する。

イ 助成対象団体

  青少年の健全育成事業を行っている団体・グループのうち、次の各号の条件を満たすもの。

  ・定款又は規約等の会則があり、代表者又は責任者が明確であること。

  ・5名以上の会員又は構成員を有し団体として独立した経理を行っていること。

  ・原則として、兵庫県域で活動していること。

  ・宗教活動や政治活動を主たる目的とした団体でないこと。

  ・その他公共の福祉に反する活動を行う団体でないこと。

ウ 助成対象事業

  平成22年4月〜22年9月(22年度上期)に実施する以下の事業を対象とする。

  ・青少年育成活動に資する事業

  ・青少年の社会参加活動

  ・青少年非行防止活動

  ・青少年リーダー養成事業 など

エ 助成額、対象経費及び件数

  ・助成額   事業費の1/2以内とし、1件当たり10万円を限度とする。

  ・対象経費 当該事業実施に要する謝金、旅費・交通費、会場使用料、消耗品費、資料購入費、

    その他理事長が必要と認める経費

  ・助成件数  15〜20件を予定。

※助成申請は1団体あたり1件とし、他に公的団体等から助成を受けている事業は対象としない。※ 同一年度内又は年度をまたがる場合でも、連続して申請することはできない。

オ 助成事業の決定

  ・助成事業は、別に設置する事業推進委員会の意見に基づいて、決定する。

  ・原則として、事業実績を公表する。

カ スケジュール等

  ・申請募集期間  1月18日(月)〜3月1日(月) 

  ・選定審査    3月中旬

  ・団体への通知  3月下旬

キ 申請手続

  別添の 募集要領及び申請書 を参照

(別添)助成事業募集チラシ PDF

    平成22年度上期助成事業募集要領 PDF

    申請書(様式1) PDF[手書き用]  Word[パソコン編集用]

    申請書(様式1)記載例入り PDF

記者発表について

21年7月10日発表 「ひょうご子ども若者応援団」助成事業の募集を開始します。

               記者発表資料

               助成事業募集パンフレット

21年6月2日発表 株式会社 大栄 代表取締役 生島健緒 氏からの金員の寄贈について

20年12月20日発表 ひょうご子ども・若者応援団の立ち上げについて

記者発表 20年12月11日発表

平成20年12月11日(木)兵庫県から 記者発表(資料配布)を行いました。

  月/日  担当課(室)係名  TEL 発表者氏名(担当部長名)

12/11(木) (財)兵庫県青少年本部企画・情報担当  (078)891-7410

活動支援部長 磯上 好美

青少年育成支援システム「ひょうご子ども・若者応援団」の立ち上げについて

青少年をめぐる課題が多様化・複雑化するなかで、未来を担う青少年のすこやかな成長に向けて、あらゆる地域の主体が力をあわせてこれに取り組むことが極めて重要になっています。こうしたことから、(財)兵庫県青少年本部では、今後の重点的な取り組み方針として、地域の多様な取り組みを支える中間支援機能の充実を図ることとしています。

このたび、その一環として、企業や事業者・社会奉仕団体等から提供されるさまざまな資源をコーディネートし、地域の青少年育成活動に取り組む組織や団体へとつなぐ新しいしくみとして「ひょうご子ども・若者応援団」を立ち上げました。

1 事 業 内 容

(1)「ひょうご子ども・若者応援団」の設置及び企業等の募集・登録

(財)兵庫県青少年本部に「ひょうご子ども・若者応援団」を設置し、青少年健全育成のための資源を提供してもらえる企業・団体等を広く募集する。       

(2)資源情報の提供、ニーズとのコーディネート

兵庫県青少年本部や地方青少年本部等が有するネットワークを活かして、応援団加盟企業から提供された資源と、青少年育成に取り組む団体・グループ等のニーズとのコーディネートを行う。

<提供資源の例>

資  金 助成金・賛助金等の提供、寄附

物  資 活動物資、備品、サンプル、記念品、イベント配布物、教材

人  材 講師派遣/ボランティア・スタッフ派遣

場  所 イベント・行事等への施設提供

機  会 工場見学、職業体験機会の提供 キャンプ・自然教室等、体験活動機会の提供

そ の 他 青少年育成運動・キャンペーンへの協賛・参加、各種ノウハウ・知識・技術等を活用した教室の開催(環境・科学・安全・英会話・音楽・スポーツ等)

(3)事業成果の把握・PR

各事業の成果を把握し、青少年本部の機関誌・ホームページをはじめ、県広報紙等を活用した情報発信を行うほか、各種大会等の機会を活用して成果の紹介・PRを行う。

2 応援団への企業等の加盟及び資源活用等の状況

   <別紙・・・HP(現在未記載)>

3 問い合わせ先

(財)兵庫県青少年本部 活動支援部 企画・情報担当

〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16−3 兵庫県民会館 8階

TEL 078-891-7410 FAX 078-891-7418 E-mail:ouendan2008@seishonen.or.jp

  


最新情報

RSS表示パーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。